Site Overlay

9月の旅程5日目(岩手県3日目食事編)

9月の旅程5日目(岩手県3日目食事編)

(9月30日 木曜日)

 

目次

朝食

昼食

小岩井農場で牛乳とソフトクリーム

クラフトビール

夕食

 

朝食

農林水産省が選ぶ岩手県の「御当地人気料理特選」である「盛岡じゃじゃ麺」を朝食として食べました。食べた店は「白龍 本店」です。「盛岡じゃじゃ麺」発祥の店と言われています。「白龍(パイロン) 本店」は9:00-21:00までの営業なので、旅行中の朝食にも最適です。盛岡城跡公園のすぐ近くのとても便利な場所です。私は来店が2度目です。

「白龍 本店」の「じゃじゃ麺」のサイズは大(710円)・中(610円)・小(510円)と3サイズあります。私は真ん中のサイズの「中」を頼みましたが、通常の店の大盛サイズです。ご注意ください。

じゃじゃ麺

「じゃじゃ麺」はお好みで辣油や酢も加えて混ぜます。麺を食べ終わった後(実際は少し麺を残します)には50円追加しますと「ちいたんたん」という卵スープとなります。玉子はテーブルのどんぶりの中に入っているので、自分で割って入れ、スープを店員さんにお願いします。「じゃじゃ麺」と「卵スープ」を両方味わえるので、とてもお得です。味はもちろん美味しいです。朝から大満足でした。

ちいたんたん

なお、「白龍」は盛岡駅ビル「フェザン」などにもあるので便利です。

 

昼食

岩手県の郷土料理「わんこそば」を「東家(あずまや) 駅前店」で食べました。「わんこそば」は少量の蕎麦をお給仕さんが客が持っている麺つゆの入ったお椀に放り込み、客が食べられる分量だけ食べるという蕎麦です。かなりイベント色が強い食べ方なので、観光客には最適かと思います。「わんこそば」のお椀15杯前後で通常のもりそば一杯分になります。

わんこそば

わんこそば

「わんこそば」は日本三大そばの一つです。「わんこそば」の他には、長野県の「戸隠そば」、島根県の「出雲そば」です。私の個人的な好みはイベント色が強い「わんこそば」よりも普通に食べる「戸隠そば」や「出雲そば」のほうが好きです。

わんこそば

「わんこそば」は岩手県の郷土料理なのですが、お給仕さんがつくことから、料金は高いです。「東家(あずまや) 駅前店」でも、「わんこそば」一人当たり3,150-3,700円の料金となります。従って、地元の人が日常的に「わんこそば」を食べることは考えにくいと思います。

わんこそば

 

小岩井農場で牛乳とソフトクリーム

小岩井農場で乳牛を見た後に、しぼりたての牛乳を飲み、ソフトクリームを食べました。どちらもとても美味しかったです。やはり、農場で飲む(食べる)乳製品は素晴らしいです。

小岩井農場牛乳

小岩井農場ソフトクリーム

 

クラフトビール

小岩井農場から盛岡駅に帰ってきた後に、盛岡駅前にある「BAEREN」直営店の「ビアベースベアレン盛岡駅前」でクラフトビールを飲みました。1時間飲み放題1,540円ととてもお得な料金でおいしいビールを飲むことができました。

BAEREN

「BAEREN」は岩手県盛岡市に本社工場を持つクラフトビール会社です。社名の「BAEREN」ベアレンはドイツ語で熊の意味です。「BAEREN」は2015年に日本外国特派員協会主催「世界に伝えたい日本のクラフトビール」の第1回グランプリを受賞(静岡県のBAIRD BEER :ベアードビールもグランプリ受賞)するなど国内外から高く評価されているクラフトビールです。

 

夕食

盛岡駅の観光案内所で郷土料理の「ひっつみ」を食べられる店を聞いたところ、「ももどり駅前食堂」を紹介されました。まだ、「ひっつみ」を食べてなかったので、喜んで「ももどり駅前食堂」に向かいました。「ひっつみ」は岩手県の郷土料理なのですが、食べられる店が少ないので、注意が必要です。

ももどり

店名にもある焼いた「もも鳥」はとても美味しいです。他にも料理の種類が多く、すべての料理が高水準でとても満足しました。自家製豆腐や山菜、郷土料理など全ての料理が美味しく、また、店員さんたちのサービスも良く、居心地のいい店でした。

豆腐

どんこのたたき

わらび

あみ茸おろし

「ひっつみ」は水でこね薄く延ばした小麦粉の塊を手でちぎり、鶏肉、ごぼうなどを入れて煮込んだ料理のことです。主に、醤油ベースの味付けです。岩手県観光ポータルサイトには名前の由来は「手で引きちぎる」ことを方言で、「ひっつむ」と言うことから「ひっつみ」と名付けられました、とあります。どこか懐かしさを感じる優しい味で、とても美味しかったです。

ひっつみ

 

この日は郷土料理の「わんこそば」と「ひっつみ」、「御当地人気料理特選」である「盛岡じゃじゃ麺」の3種の岩手県の料理を食べることができて、大満足の一日でした。

https://edokagura.com/2021/08/30/iwatebestlocalfoodinsep/

 

(注:文中に掲載している交通機関の出発・到着時間や料金、入場料などはBLOG執筆時のものです。今後変更する可能性がありますので、旅行に行く際にご自身でご確認ください。)

 

 

Follow me!

PAGE TOP