Site Overlay

9月の旅程アイデア5日目(岩手県3日目午後)

9月の旅程アイデア5日目(岩手県3日目午後)

 

午後は小岩井農場へ向かいます。

1、小岩井農場

(小岩井農場まきば園徒歩3分)

出発 路線 到着 料金
盛岡駅駅前(10番乗り場)13:45 小岩井農場線バス(小岩井農場行) 小岩井農場まきば園 14:15着 乗車券710円

入場料:大人800円、こども300円

営業時間:平日 9:00-16:00、土日祝 9:00-17:00

小岩井農場は1891年(明治24年)に開設されました。

上丸牛舎構内に建つ以下の建物が国の重要文化財に指定されています。

本部事務所、本部第一号倉庫、本部第二号倉庫、乗馬厩、倶楽部、第一号牛舎、第二号牛舎、第三号牛舎、第四号牛舎、種牡牛舎、育牛部倉庫、第一号サイロ、第二号サイロ、秤量場、冷蔵庫、四階建倉庫、耕耘部倉庫、玉蜀黍小屋(北東棟)、玉蜀黍小屋(南西棟)、玉蜀黍小屋(南東棟)、玉蜀黍小屋(北西棟)

小岩井農場

小岩井の名前は共同経営者である野義眞(三菱財閥の顧問、日本鉄道会社副社長)、崎彌之助(三菱社第2代社長、三菱の創業者・岩崎彌太郎の実弟)、上勝(鉄道庁長官、幕末の動乱期にイギリスに密航した伊藤博文、井上馨ら5人の長州藩士、いわゆる長州ファイブの一員)の名字から一字ずつとったものです。

小岩井農場は乗馬体験やポニーへのエサやりなどファミリーで楽しめる施設です。農場に興味がない方は、盛岡市内で美術館や博物館巡りをしてもいいかと思います。以下に、代表的な施設を挙げておきます。

 

  • 岩手県立美術館
出発 路線 到着 料金
盛岡駅西口 13:40 E01バス「三高前・中央病院/盛岡駅西口・イオン盛岡南」行き 杜の道北13:43 乗車券160円

もしくは、盛岡駅から徒歩21分

8⽉16⽇(月)から9月13日(月)まで休館

  • 深沢紅子 野の花美術館

盛岡駅前からバス「でんでんむし」で盛岡城跡公園下車、徒歩3分

(乗車券120円、一日フリー乗車券350円)

  • 岩手県立博物館
出発 路線 到着 料金
盛岡駅前 13:30 【310】バス松園山岸線(松園ニュータウン行) 西松園二丁目 13:58 乗車券440円

西松園二丁目バス停から徒歩8分

8月16日(月)から休館中

  • もりおか歴史文化館

盛岡駅前からバス「でんでんむし」で盛岡城跡公園下車、徒歩4分

(乗車券120円、一日フリー乗車券350円)

桜山神社から徒歩2分

8月24日(火)から9月12日(日)まで休館

  • 盛岡手づくり村
出発 路線 到着 料金
盛岡駅前 13:30 雫石線バス(イオン経由雫石営業所行) 尾入野 13:52 乗車券550円

尾入野バス停から徒歩7分

 

2、盛岡駅へ戻る

出発 路線 到着 料金
小岩井農場まきば園 15:40 小岩井農場線バス(盛岡駅前行) 盛岡駅前 16:10 乗車券710円

注:最終のバスとなります。乗り遅れにご注意ください。

 

夕食

岩手県の郷土料理の「わんこそば」を食べます。

わんこそば

 

3日間で岩手県の「郷土料理」の「わんこそば」「ひっつみ」、「御当地人気料理選」の「盛岡冷麺」「盛岡じゃじゃ麺」、9月の旬の魚介類(いなだ、鮭、秋刀魚、鮑、スルメイカ、昆布、「岩手の秋さけ(いくら)」「陸前高田のエゾイシカゲ貝」は全て食べたことになります。

 

(注:文中に掲載している交通機関の出発・到着時間や料金などはBLOG執筆時のものです。今後変更する可能性がありますので、旅行に行く際にご自身でご確認ください。)

 

#9月の旬

#岩手の旬

#岩手県の旬

#旬の魚介類を食べつくす

#旬を食べる旅程

#旅程の提案

#旅のルート提案

#9月の旅程提案

 

 

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP